仕事の事を理解しよう、腹落ちしてから行う行動は効率的

社員研修で理解を深める

毎日仕事をしていると、苦手なことは誰でもあるのではないでしょうか。そんなときは相手がすぐにやってくれないから、何故このシステムはこんなに使いづらいのか、など外部の要因にしてしまう経験はありませんか。それは事実かもしれませんが、避けて通ることができない状態であればやるしかありません。感情的になっても時間ばかりが浪費されてしまいます。
社員研修の中には自分の担当している業務に関連したものがあります。しっかり耳を傾けてみましょう。仕事は一人だけで完結することはそれほど多くはありません。常に同僚、上司、依頼する相手、など様々な人と接しますし、彼らも自分の仕事や立場があります。業務の流れを理解して、どのように周りの人に対応していったら効率的になるのか納得するヒントを得られれば、おのずと仕事の時間短縮になるはずです。

次に実践に生かしてみましょう

社員研修で効率化のヒントが得られたし、これは自分の業務である、ない、の仕分けができて気持ち的にも納得ができた。というところまでくれば、かなりの前進です。あとは、現在の状況に照らし合わせて実践あるのみです。
会社も様々な人がいますので、どうしても人は研修で学んだように機械的に動いてくれるものではありません。自分的には腹落ちしていますから、やるべきことをやれば良いのです。一つだけ効率化するための障害になる可能性があることがあるとすれば、業務に関わる人が流れを理解していないために自分の業務が滞ってしまうことです。そんなときは感情的にならずに周りの人も巻き込んで、業務が滞らないように働きかけをしていく必要があります。そうすると業務全体がさらに効率化されることになります。