まずはなにはともあれ、礼儀作法を学べ

礼儀作法の大切さを知ることから。

新卒、転職に問わず就職した場合、社員研修がある会社がほとんどですよね。その時に仕事内容と共に研修を受けるものとして、礼儀作法やマナー研修があります。なぜそのような研修をするかというと、同じ職場の職員、他の営業先の会社の方に嫌な思いをさせずにお互いに気持ちよく仕事をするためです。
礼儀作法を学んで損をすることはまずありません。自分自身のプライベートにももちろん活きてきます。敬語を丁寧語・謙譲語・尊敬語と三種類きちんと使い分けることができれば文章を書くときに便利ですし、営業や上司との会話には必須です。お辞儀の角度や名刺の渡し方一つでも、この人は礼儀正しいかどうかを判断されてしまうこともあります。自分のためにも積極的に学ぶべきことのひとつです。

非常識だと思われないために。

たった一つの無作法で、仕事に損害が出てしまうこともあります。親しき中にも礼儀ありという言葉もあるくらいですし、プライベートでの人間関係もそうです。礼儀作法の基本は敬意です。生活や環境を円滑に営むためにまず、外見のマナーも気にしましょう。
人間の第一印象は七、八割外見で決まります。清潔感がないのはNGです。爪は伸びていませんか?髪はきちんと整えてありますか?匂いなども気にしていますか?外見から入った印象も、話し方や話し言葉でも変わってきます。あまり早口にならないことも大切です。急かしているように聞こえてしまいます。どの位置が上座か、などを気にすることができるのも重要です。細かいところが見られているものです。
時と場合に合わせて対応できる人は、職場や人間関係において重宝されます。相手に敬意を持って関わりを持っていきましょう。